2013年6月26日水曜日

機内映画の憂鬱

 ベルリン&プラハの旅から帰国しました!今回は旅紀行…ではなく、飛行機の機内上映の映画について。往路に2本見たのですが、両方の字幕が気になって悶々としいてたのです。(復路は爆睡して1本も見られず。)

 あえてタイトルは出しませんが、1本は最近日本で上映され、もう1本は10年前くらいにヒットした作品。両方とも機内上映用に字幕をつけ直されたようです。なぜ分かるかと言うと、字幕のつけ方が通常の劇場やテレビ用とは異なっているから。通常は横14~14.5文字ですが、今回は最高16文字(はい、数えましたよ~。職業病です)。短い掛け合いを2人分いっぺんに出す。(劇場用はどんなに短くても別々。短すぎればどちらか選び、それでも分かるように訳す。)

 このルールの違い自体は、機内で見やすくするために必要ならば、ありだろうと思います。前回、機内で見た映画は字幕がまったく気になりませんでした。今回、気になったのは翻訳の質!普通の会話部分は問題ないのだけど、ちょっと入り組んだ話になると、とたんに分かりにくくなるのです。「あれ?今のはどういうことだったの?」と考えちゃう訳が何度かありました。これって映像の字幕としては致命的。映像の邪魔をしない、が字幕の鉄則ですから。ただ、分かりにくいと言っても、一般の視聴者は流してしまう程度のようで、こんなに気になるのは同業ゆえ。なにしろ、チェックバックで「分かりにくい」と指摘されるたび、「あちゃ~」と頭を抱えているわけで。なんだか自分の悪い字幕例を見せつけられるようで、イタかったです。

 で、思い出したのが松浦美奈さんの『裏切りのサーカス』の字幕。ものすごく入り組んだ内容なのに、字幕を読んでいる感覚がなく、スッと頭に入ってきました。あれこそ字幕の神髄!いつになったらあのレベルにたどり着けるのか…。ドイツビールで乾杯しながらも、そんな想いが心に引っかかっていた旅でした。(あ、でもビールはしっかり堪能しました♪)

http://uragiri.gaga.ne.jp/

izumi

0 件のコメント:

コメントを投稿