2013年9月28日土曜日

JATENTキックオフイベント報告・後編

 前回のレポートでは映像翻訳者とゲーム翻訳者が実際に作業に使うツールのところまでお伝えしました。後編では、もう少し具体的にそれぞれの翻訳者から飛び出した苦労話を、あえてお伝えしようと思います。

 まず字幕翻訳者の岩辺さんのお話から。岩辺さんは字幕翻訳に欠かせない“スポッティング”作業について詳しく説明してくださいました。実は、字幕翻訳が大好きな岩辺さんですが、スポッティングだけはどうしても苦手なのだそうです。最初の頃は映像10分のスポッティングに丸1日かかり、泣きながらやっていたと。この苦労話に共感を覚える字幕翻訳者は少なからずいるのではないでしょうか。(ちなみに私も…ですが、ありがたいことに今は専属スポッターのmichikoが一手に引き受けてくれているので、翻訳にたっぷり時間をかけられるようになりました!)

 吹き替え翻訳者のチオキさんのお話でとても面白かったのは、少林寺拳法がテーマの映画を翻訳された時のお話。登場人物がみんな似たような坊主頭だったために、原稿には僧侶1~僧侶80番台、敵対するチームの僧侶も50番台まで書き分けなければならず、大変な苦労をされたそうです。字幕と違い、吹き替え翻訳では背景に流れるラジオの声や通行人の声まで訳さなければならないわけですから、想像するだけで気が遠くなります。大変なご苦労だったでしょうが、笑顔で楽しそうに話される姿に尊敬の念を抱きました。

 ゲーム翻訳の場合、1つのタイトルに大勢の翻訳者が関わることがある、というのは前編でもお伝えしました。長尾さんは、大勢の翻訳者の原稿をまとめるエージェントの担当者の負担をできるだけ減らすために、申し送りをものすごく細かくつけるとお話されていました。映像翻訳と違い、ほとんどの場合、音声や映像を確認することなくテキストだけを訳していくゲーム翻訳。極端な例で言うと、「村人1」の“Hey”というひと言が怒っているのか、にこやかな挨拶なのかも分からないこともある。なるほど、細やかな申し送りをつけるのは長尾さんのサービス精神の表れであり、だからこそ、クライアントさんから重宝されるのでしょうね。

 苦労話にスポットライトを当ててお伝えしましたが、3人の熱意のこもったトークからは仕事愛がひしひしと伝わってきました。そして、ひと晩中でも話し続けられそうな盛り上がりの中、パネルディスカッションの時間は終了。熱いトークは質疑応答へ持ち越されました。

 こうして個性豊かなパネリストを迎え、JATENTの記念すべき第1回イベントは大成功に終わりました。終始笑いの絶えないカジュアルなムードはエンタメ翻訳イベントならでは、でしたね。ご参加いただいた皆さん、そしてイベントを影で支えてくださった皆さんに心から感謝いたします。ありがとうございました。
今後も皆さんに喜んでいただけるイベントを企画していきますので、ご期待ください!


さて、ここからは前編と同じく事前に寄せられたご質問にお答えしますね。

Q. 今後JATENTのこうしたセミナー等は頻繁に行われる予定でしょうか?
もしそうであれば、JAT入会も検討したいと思っています。

A. もちろん今後もセミナーは開催していきます!ワークショップやパネルディスカッション、忘年会や交流会など、さまざまな企画を考えていますので、ぜひぜひ参加してくださいね♪


Q. 仕事の受注はどういったルートが多いですか?受注先を得るまでの経緯(たとえば、出身のスクールの紹介とか)を教えてください。

A. スクールによって、じっくり学ぶスタイルや即戦力をつけるスタイルなど、いろいろあります。また、スクールの雰囲気も違うので、実際に説明会に行ったり足を運んで自分に合っているかどうか、通いやすいかどうかなどを考えて選ぶといいと思います。オフ会や交流会に積極的に参加して、生の情報を集めるのもお薦めですよ。


ご質問をお寄せくださった皆さん、どうもありがとうございました!お答えしきれなかったご質問は、また機会がありましたら、ご紹介させてください。

0 件のコメント:

コメントを投稿