2013年10月25日金曜日

グループ翻訳

 新たに仲間に加わったemiです。よろしくお願いします!
1発目となる今回は“グループ翻訳”についてお話したいと思います。

 映画の場合は1作品につき1人の映像翻訳者が担当しますが、ドラマシリーズでは複数の翻訳者が手掛けることがしばしばあります。その昔、まだ映像翻訳の“え”の字も知らなかった頃、テレビで「アリーmyラブ」を見ていて、日本語制作スタッフ欄に数人の名前があるのを目にし、数人で訳すってどうするんだろう?会議でも開いて意見を言い合いながら1個(枚)ずつ字幕を作るのかなー?などと思っておりました。(そんな人いない?)しかしこれは間違い。ほとんどの場合1つのエピソードは1人の翻訳者が担当します。

 では、なぜ1つのシリーズを複数の翻訳者が手掛けるのか。
まずは納期の問題があります。日数の問題で1人で全部訳すのは無理な場合です。時には5~6人でやることもあり、今週1本納品したのに来週にはもう話が5話くらい進んでいて、ストーリーを追うだけでも大変、なんてこともあります。

 次に、質を上げる目的があります。これ、私個人としては最近とっても多いです。以前は1人でシリーズ全話任されることも多かったのですが、最近は複数で相互チェックもしながら、というのが増えてきています。私1人では不安なのね…などといじけてしまいそうになりますが(笑)実は翻訳者側にもメリットはあるんです。私の場合は、元々知り合いの翻訳者と組ませてもらうことが多いです。その翻訳者は私にとっては“身内”です。納品後、エージェントやクライアントにミスを指摘されるより、この身内に指摘してもらうほうが、うーんと気楽!しかも先方にはミスがバレません(笑)また、解釈に不安がある場合に、ちょっと見てもらえる?といったことが簡単にできます。相互チェックに関しては追加料金が発生しませんが、そういうわけで納得できちゃいます!それに、なんといっても共同作業の中で、自分の引き出しにはない語彙に触れられるのは、大いに刺激になります。

 yokoとは同じエージェントに登録しているので何度もコラボしました。実は現在も1本進行中。オンエアが近づいたらご紹介したいと思います! emi

0 件のコメント:

コメントを投稿