2014年2月21日金曜日

New Year’s Resolution

izumiです。

 皆さんのNew Year’s Resolutionは何ですか?私は、翻訳の質を向上させること。今年はとにかく、これに尽きます!昨年は先輩翻訳者のお話をうかがう機会が多く、そのたびに自分の甘さを痛感しました。中でも刺激を受けたのが、文芸翻訳者の越前敏弥さんのお話です。越前さんの訳書にはダン・ブラウンのシリーズ(『ダ・ヴィンチ・コード』など)で親しんでいましたが、セミナーで英文の解読をいかに理論的に行っているかを知り、衝撃を受けました。さらに、訳書『解錠師』を読み、完全に打ちのめされたのです。日本語を自由自在に操るとは、まさにこのこと。同じ翻訳者と名乗るのがおこがましいと感じてしまうほどでした。
 
 もちろん、映像翻訳と文芸翻訳では納期も方法も目的もまったく違います。映像翻訳は映像の邪魔をしないことが何よりも大切。視聴者を考えさせてしまうような訳は、避けなければなりません。そのため、シンプルでわかりやすい訳が求められます。それでも、同じ翻訳者として、このままでは何だか悔しい。分野は違っても、学べることはおおいにあるはず!そう思い、越前さんの翻訳講座を受講することにしました。先日、初回の授業を受けましたが、文芸ならではの視点はとても興味深いものでした。
 
 字幕では、回りくどい文章もスッと読めるように訳しますが、文芸では「あえて原文の回りくどさを残す」とのこと。また、原文があいまいなら、そのあいまいさを残した訳にすること。言われてみれば当然なのですが、映像ではあいまいな訳を回避する傾向があるため、新鮮でした。何よりもうなったのは、訳の解釈が分かれた時に、越前さんが理路整然と解釈の根拠を説明されたこと。訳の解釈を巡って意見が分かれることは字幕でもよくありますが、理論的に説明できれば相手も自分も納得できます。この技はぜひ身につけたいと思いました。講座は残り2回。終わる頃には私の字幕も飛躍的に向上しているはず…!(まず課題をやらねば!)越前さんのブログ「翻訳百景」も、勉強になるのでお勧めです。
 
 もうひとつ、今年に入って刺激を受けた言葉が「翻訳者は物書きであるという意識を持て」。文芸翻訳者の田内志文さんの言葉です。なんとなく翻訳という言葉に甘えていた自分に気づき、ハッとしました。というわけで、ブログも書きます!

 最後にイベント、「フランス映画字幕アトリエ」の宣伝です。3月21日にフランス語学校にて映画と字幕のイベントを行います。字幕ワークショップではフランス人の先生が映画の文化的背景を教えてくれます。フランス映画に興味のある方はぜひどうぞ♪(ただいま、プレッシャーと戦っております!) izumi


翻訳者の畝川晶子さんのブログ「翻訳者akoronの一期一会」で映像翻訳とTri-logueについて、ご紹介いただきました♪こちらも、ぜひチェックしてみてください! yoko

0 件のコメント:

コメントを投稿