2014年9月5日金曜日

ブログとの賢いつき合い方!?

 izumiです。嵐のような夏が過ぎ、仕事もプライベートも、ようやく落ち着きを取り戻しつつあります。今年の夏はよく働きました!お盆明け納品が多かったので、調整にやや苦労しましたが(これ、今後の課題)、早めにいただいた分をコツコツ進めたおかげで、パニックに陥らず終了。無事に納品できて、ホッとしています。

 …で、気持ちに余裕が出て、久々にやってしまいました。同業者のブログ熟読!翻訳者、特に映像翻訳者のブログを検索し、その仕事ぶりを軽くチェックするつもりが、ドツボにハマりました。気になる翻訳者のブログを読み、「うわ~こんなに勉強してる!」「この仕事、やりたかった!」「この資料本、欲しい!」などなど、内心叫び声を上げながら、エンドレスにページをさかのぼる…。だんだん落ち込んできて、ハッと気付くと午前2時。あんなに働いた気になっていたのに、「私、このまま仕事を続けられるんだろうか?」と、不安を抱えたまま眠ったわけです。
 
 これって、似たような経験のある方が、少なからずいるんじゃないでしょうか?ブログやSNSで同業者の活躍ぶりを見て、自分と比較して落ち込む…。でもね、我が身を振り返って考えると、ブログやSNSなんて、基本的にいいことしか書かないんです。少なくとも私は。見栄っ張りですから(キリッ)!
 特に誰でも見られるような媒体で、仕事名を出して書く時は、内容にかなり気をつかいます。私だって、失敗の1つや2つや3つや4つ…いくらでもあります。でも、そんなドジっ子話は、仲間内にとどめておきます。クライアントさんが見て不安になるようなことは、書きません。プロですから(キリッ)!
 
 同業者のブログを読んで、焦る必要はないんです。ブログの活躍の裏には、その倍以上の失敗が隠れていると思って、気楽に読めばいい。調べ物や勉強方法、営業術や仕事の心得etc.…参考になることだけ心に留めて、心臓に悪そうなことは流しちゃいましょう。私も同業者のブログに、ずいぶん助けられました。このTri-logueも、気負わず楽しく読んでもらえたら、うれしいです♪

0 件のコメント:

コメントを投稿