2014年10月21日火曜日

マンガのススメ



こんにちは。emiです。気持ちのよい秋晴れが続いていますね♪湖畔の別荘でお仕事~
なんてことをしてみたいです…。

今回は映像翻訳に役立ちそうなマンガのご紹介です。
まずはこちら。里中満智子著『マンガ旧約聖書』
 
映像翻訳の仕事と切り離せないのが聖書です。映画でもドラマでも数多く引用されていますし、一見何もなさそうでも実は物語のベースに潜んでいたりと、避けては通れません。でもキリスト教と無縁で育ってきた私のような純日本人にはハードルが高い。その点、マンガなら取っつきやすいですよね。私はマンガが好きで、昔から日本史や世界史など小難しそうなものはマンガで読んでいました。絵があるからイメージしやすいし、記憶にも残りやすいからです。特にこちらは里中さんの作品なので絵もきれいだし、勉強している感覚ではなく楽しく読めます。ちなみにAmazonのレビューでは、聖書に詳しそうな方々も高く評価しているようです。(漫画ではないけれど、阿刀田高さんの『旧約聖書を知っていますか』もお勧め。阿刀田さんの『~知っていますか』シリーズは便利です!by izumi

続いて、原作:稲垣理一郎、作画:村田雄介『アイシールド21
 
映像翻訳者を悩ませるものといえば、アメフトです。日本ではなじみが薄いスポーツですが、アメリカの作品を訳しているとしょっちゅう出てきます。そこでお薦めしたいのがizumiイチオシのこちら。アニメ放映もされたので、ご存じの方もいるかもしれません。キャラクターが魅力的で、アメフトファンならずとも夢中で読めます!ややこしいルールも独特なポジションや用語も、自然と頭に入りますよ。

最後に『まんがで読破』シリーズ。
罪と罰 -まんがで読破-
このシリーズは本当にたくさんのものが出ています。映画などを訳していると昔の文豪の作品が引用されていることがありますが、納期の関係上、その本を全部読むのは難しいこともあります。そんな時はネットで該当箇所を探して雰囲気をつかむのも有効ですが、全体のストーリーを簡単になぞるには、このシリーズが便利です。マンガなら脳が疲れていても休憩する気分で読めてしまうのも魅力ですね。

このほかにも勉強になるマンガはたくさんあります。yokoがドラマ「ホーキング」をやった時にも『マンガ ホーキング入門―天才物理学者の人生とその宇宙論 』がとても役に立ったそうです。また、単に娯楽のために買ったものでも、セリフの参考になったりします。秋の夜長、皆さんもマンガを楽しんでみてはいかがでしょうか♪ emi

0 件のコメント:

コメントを投稿