2014年12月31日水曜日

今年もお世話になりました♫

あっという間に年の瀬ですね…皆さま1年お疲れさまでした。
今年はトリログメンバーにとってある意味、転機の年だったように思います。

emiは年明けからすぐにドラマシリーズで過去にないほど多忙な日々を送っていました。年末には久しぶりの吹替え翻訳の仕事も!

izumiは待望のドラマシリーズの依頼が次々に!得意の長編作品から、新境地への進出が叶いました。

yokoは6月のIJETで大活躍!そして今年もまた話題性のある作品を次々と手掛けました!

私 michikoは今年もお仕事に恵まれ、英語だけでなく新たに中国語、韓国語のスポッティングの依頼をいただくようになりました。またゲーム翻訳の音声チェックという仕事も学び、仕事の幅が広がりました。

今年はなかなか映画館へは行かれませんでしたが、HULUのおかげでたくさんの映画を見られました。HULUは私にはなくてはならない存在です。
ということで、年の瀬にトリログメンバーの映画ランキングを…
お正月バラエティに飽きたら是非参考にしてみてください!


マイベスト映画2014

yoko

1.アバウト・タイム 
恋愛、家族愛、人生愛…とにかく愛情にあふれた作品。笑顔で生きること、何気ない日常の大切さを思い出させてくれる映画でした。

2.6才のボクがおとなになるまで 
淡々と綴られる日常のリアルな喜びや悲しみが生々しく心に響いた作品。母親の立場で共感し、エンドロールが終わっても涙が止まりませんでした。

3.チョコレート・ドーナツ 
言いようのない悔しさや切なさが心に刻まれてしまったけれど、出会えてよかったと思えた大切な映画です。

他にも映像に圧倒された『ゼロ・グラビティ』や『マレフィセント』、『インターステラー』など、今年もすばらしい作品に数多く出会えました。映画ってやっぱり最高♫



izumi

1.6才のボクが、大人になるまで
  少年の目線で描かれた風景がみずみずしくて切なくて、母親目線で見てました。 人生にムダな出会いはないと実感できる奇跡のような作品。

2.バルフィ!人生に唄えば
映像が美しく、どっぷり愛に浸れる1本。数々の名画へのオマージュが盛り込まれていて、映画好きには必見です!

3.ぼくを探しに
大好きな監督の字幕を担当できた記念すべき作品♡

他に「インターステラー」「LEGOムービー」「ジャージーボーイズ」「グランド・ブダペスト・ホテル」「イーダ」「チョコレートドーナツ」・・・いい映画が多すぎて、絞り込むのに苦労しました。来年もたくさんのステキな出会いが(仕事でも)ありますように♡


emi

主演の女優さんが美しいし、お菓子はおいしそうだし(笑)、音楽もステキですごく楽しめました。

じわーっと来て、涙が止まりませんでした。日々を大切に生きていこう!と思った作品。

娘と見て楽しかったので♡



番外編で私 michiko のマイベストも…

1.大統領の執事の涙
2.パークランド
3.ダラス・バイヤーズ・クラブ


みなさま、残りわずかな2014年を大いに楽しんでお過ごしください!

よいお年を~♫



0 件のコメント:

コメントを投稿