2017年12月21日木曜日

「オレの獲物はビンラディン」

こんにちは。emiです。ニコラス・ケイジ主演「オレの獲物はビンラディン」を観てきました。字幕を担当したのは我らがizumi!そのizumiと一緒に観たのですが、隣にいる人の名前がスクリーンに出るなんて、誇らしいような、ちょっと不思議な気持ちがしました。で、仲間としては字幕を絶賛したいところですが、それはひとまず置いておいて映画の感想から()

何はともあれニコラス・ケイジがすごいです!「こんなニコケイ観たことない!」というふれこみでしたが、想像のはるか上を行っていました。本作の役作りでかなり太ったという彼。締まりのない体にブリーフ姿、ある意味衝撃です。でもそれより驚いたのは声。第一声を聞いた時、頭の中が「!?」となりました。かなり高い。しかもそのすごいハイテンションがずーっと続く。次に目!ランラン輝いちゃってます。いやー、あの大物俳優がここまで弾けることに感動すら覚えました。はっきり言ってストーリーうんぬんより、ニコラス・ケイジが面白いです。いや、ストーリーも面白いんですけども。ポスターの表情だけで笑えます。私、彼に特に思い入れはなかったんですが、すっかりファンになりました。

さて、やっと字幕に触れます()とにかくひたすらしゃべっているので、同業者としては、「大変だっただろうなー」というのが一番の感想。でも同業者だから思うのであって、たぶん一般の方々はそう感じないんじゃないでしょうか。それくらい負担なくスラスラ読めました。どこも引っかからないから演技をすごく楽しめた。これ、最高だと思います。
(仲間内で褒めすぎかな・笑)

現在、新宿シネマートほかで絶賛公開中です。めったに見られない(今後あるのか?)はっちゃけたニコラス・ケイジを見に、ぜひ劇場に足をお運びくださいませ。emi

0 件のコメント:

コメントを投稿